ミツバチの羽音と地球の回転


映画のストーリー

地球上でもっとも恐れなければならないエネルギーはナニ?

シンプルな事こそ見落としてしまうのが人間。エネルギー自給に欠かせないのは持続可能な構造を持つこと、それは生き方でも同じだと考えます。私たちの7世代あとの子孫にまで受け継がれるような考え方をしたいものです。

監督の鎌仲ひとみさんは10年前、イラク戦争をきっかけに映画を撮りました。そして、青森・六ヶ所村でリアルな状況を切り取り、今作では持続可能なエネルギーへの転換を山口・祝島とスウェーデンを舞台に撮影しました。

直接お会いすると、とてもユーモアに溢れた方で映画から伝わってくるイメージとはかけ離れており、ただただ正直に生きられている方だと感じました。

大きな映画館での上映依頼もあったそうですが「お金のために映画を撮っているわけではないし、各地で自主上映をしてくれた人達のためにも、今後もこのスタイルで上映を続けていく」という言葉には重みがあり、サポートしてくれた人達を大切にする心意気に嬉しくなりました。

上映のお申し込みはHPよりできます。あなたの街にもサポーターはいますので、是非一歩踏みだして下さい。お金じゃ買えない価値が繋がりの中にありますヨ。