0×1+2=「第12次産業」


1次産業+2次産業+3次産業=6次産業 なんていうのありますが、全くの嘘だと考えています。それだけの人件費がかかり大企業のような裏公的脱税が出来ない中小企業が6次産業化しても利益が手元に残る訳が無い、、、
効率的低賃金生産・消費期限延長加工・高価格付加価値販売 組み合わせることで利益は増えます かねぇ?

 

これに比べりゃ 0次産業×1次産業+2次産業=「第12次産業」なんざ計算式として可ぁ愛ぃ〜〜〜
生産側だけでなく、消費側にも6次同等の価値がある。商品の現場に駆けつけて学べちゃうもんね。
営業せずに生産現地で待ち構える。web発信/動画発信にする。出費コストはもの凄く減りますよ。営業は生産地だもん。大切な0を体感してもらう知育は準備側の知能指数使うけど。ワークショップ 食事 体験 座学 宿泊 観察
その価値を伝えるための少数生産加工品 で充分なのでは、と
機械化大量生産流通販売なんて馬鹿言ってんじゃないよ〜〜〜♪消費者も消費者扱いされて、一線引かれて高い商品買うぐらいなら、、、ねぇ。

都会の需要側からの視点は、スコトーマだらけ 生産側の現場は、0は0で有り得ない。1が[必然的]に産まれる。1が無ければ0を感じる事が出来ない。価値は0にこそある。

1を支える環境/体感/知育+体感できる安心生産物+少量加工(希少価値)

そうだな、ヨサコイ商法って感じかな。出演者も観客もお金を落としてくれる。そのために動く事は沢山ある。でも同じ所だから、両面の行為はその地域に堆肥のように積み重なる。やった事が全て蓄積される。2面×6次=12次。
そして「この指とまれ」で12次化に巻き込む。

 

と、やっぱ音楽。

 

 

と、

いわゆるビジネス(騙したもん勝ち)の発想から抜け出さないと、この腐敗した社会に嫌気のさす人達が増えるばかりで、、、病人と認定され、薬漬けとなり、社会的に蓋をされ統計的に亡き者とされる。

音 は規定された何かで 感じるもんでも 踊るもんでもない。

 

 

こんな早い音で踊れるわけねぇーーーーーーヘドバンすらできん!!
いつもより4つvol 上げてみっ  違う音   ほら 聴こえるやろ
籠の中のストレス付加状態に慣れちゃうと、ノーマライズされた「面」しか
空間を“捕れ”なくなる。 舞台の真ん中に端から端までスクリーン張って
前と 「真ん中/写る所」と 後ろ ぐらいしか知覚できなくなってしまう。

 

 

袖 も 舞台裏 も 照明 も 台本には描かれてないんよ。